中文English
お知らせ

桐生市長と面会

2019年3月22日

 先日、ウッドデザイン賞2018を受賞した社会福祉法人雲祥会 上の台保育園様(群馬県桐生市)と一緒に、桐生市の亀山豊文市長に面会する機会を頂戴いたしました。

 上の台保育園の園舎がウッドデザイン賞2018を受賞した旨を報告し、理事長先生からはこれからも地域に根差した幼児教育・保育を行っていきたいとお話下さいました。

 亀山市長からは、「賞をもらったからこそ、桐生に『こんないいものがある』ということをアピールしてください」とお声かけいただきました。

☆P1000423☆P1000425

 

 また、園では今回の受賞に関して桐生タイムズの取材を受け、普段なかなか聞くことのできない想いやこどもたちの様子を伺うことができ、とても貴重な機会となりました。

P1000325

 中でも印象的だったのは理事長 田村浩道先生の

「新しい園舎ができあがったとき、こどもたちがとても喜んで、飛んだり、跳ねたり!床に頬ずりしたこどももいたんです。」というお言葉でした。

 「工期が当初の予定よりも伸びたことで新園舎に入れずに卒園したこどもたちもいるのですが、園舎ができあがってから遊びにきてくれた卒園児の保護者の方から、こんなに素晴らしい園舎ができるなら、工事に時間がかかっても仕方がないですね」とご理解いただいたという話や、工事が始まる前のエピソードで

「木造は鉄骨やRCに比べて減価償却期間が短いですよね。減価償却が終わったら取り壊してしまうようなそんな建物になるのでしょうか」という理事長先生のご質問に、「きっと長く残したいと思う園舎になると思いますよ」と担当設計士が申し上げたそうです。「出来上がってみたら、本当にそう思える園舎にだった」とお話しくださいました。

☆P1000359

 上の台保育園の外観は北欧スタイルのコテージ風。あえて梁を見せる構造とした木造平屋建て。各部屋のフローリング木材にも徹底的にこだわり、また、職員の方がリラックスできるようにと考えられた会議室は、青森のブナを使った暖かい照明を使用。理事長先生のアイディアがいっぱいつまった園舎です。

main(修正)

 上の台保育園さまは、来年度から認定こども園として新たに運営を開始されるとのこと。

これからもますます、園舎を地域のみなさんに愛される建物へ育てて下さると信じています。

ウッドデザイン賞とは https://www.wooddesign.jp/ )

 ウッドデザイン賞運営事務局((特)活木活木森ネットワーク、(公社)国土緑化推進機構、(株)ユニバーサルデザイン総合研究所)によって企画・運営されるウッドデザイン賞は、「木」に関するあらゆるモノ・コトを対象に、暮らしを豊かにする、人を健やかにする、社会を豊かにするという3つの消費者視点から、優れた製品・取組等を表彰するものである。これによって、“木のある豊かな暮らし”が普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、ひいては国産材の需要が拡大し、適正な森林整備が進むことを目的としている。

 

受賞について

 受賞部門    ハートフルデザイン部門

         ~木を使って人の心を豊かにし、身体を健やかにしているもの~
 受賞分野    建築空間分野
 サブカテゴリ  保育園・幼稚園(上の台保育園)

 

受賞園舎名  上の台保育園055-TOK20180522_mini1920
場   所  群馬県桐生市

 木造平屋建ての園舎の外観は赤く、北欧をイメージ。遊戯室の壁一面には大迫力のクライミングウォールをデザイン。また、吹き抜け天井の複雑な木組みはデザインだけではなく、力を分散させる構造上の一部を担っている。職員用の会議室には、落ち着いた色味の木材とあたたかい光で先生方がリラックスできるようにと、理事長先生が選ばれた一点物の木製の照明を配置。
 保育室のみならず、職員の先生方も木を感じることのできる園舎。

PAGE TOP

PAGE TOP

header

園舎設計のプロフェッショナル 時設計「ウッドデザイン賞2018」3件で受賞 

顔の時を設計し続け35年 初応募にて初の受賞

 株式会社時設計(東京都中央区 代表取締役:菊地宏行、以下「時設計」)は、このたび『ウッドデザイン賞2018(ハートフルデザイン部門)』において、以下の3件で受賞致しましたのでお知らせ致します。なお、当社の同賞の応募、受賞は初となります。

 時設計は本受賞に甘んじることなく、これからも「笑顔の時」を設計してまいります。 

 

 

W.D.和欧縦col

ウッドデザイン賞とは https://www.wooddesign.jp/ )

 ウッドデザイン賞運営事務局((特)活木活木森ネットワーク、(公社)国土緑化推進機構、(株)ユニバーサルデザイン総合研究所)によって企画・運営されるウッドデザイン賞は、「木」に関するあらゆるモノ・コトを対象に、暮らしを豊かにする、人を健やかにする、社会を豊かにするという3つの消費者視点から、優れた製品・取組等を表彰するものである。これによって、“木のある豊かな暮らし”が普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、ひいては国産材の需要が拡大し、適正な森林整備が進むことを目的としている。

 

 

受賞について

 受賞部門    ハートフルデザイン部門

         ~木を使って人の心を豊かにし、身体を健やかにしているもの~
 受賞分野    建築空間分野
 サブカテゴリ  保育園・幼稚園(上の台保育園・大関保育園)
         病院・福祉施設(特別養護老人ホーム 別邸 暁)

 

受賞作品名  上の台保育園055-TOK20180522_mini1920
場   所  群馬県

 木造平屋建ての園舎の外観は赤く、北欧をイメージ。遊戯室の壁一面には大迫力のクライミングウォールをデザイン。また、吹き抜け天井の複雑な木組みはデザインだけではなく、力を分散させる構造上の一部を担っている。職員用の会議室には、落ち着いた色味の木材とあたたかい光で先生方がリラックスできるようにと、理事長先生が選ばれた一点物の木製の照明を配置。
 保育室のみならず、職員の先生方も木を感じることのできる園舎。


受賞作品名  大関保育園059-oozeki_mini
場   所  福井県

 木の優しさと、ぬくもりにあふれた園舎を目指し設計。遊戯室の木組みの天井はこどもたちの生活に自然となじみ、それ見上げて行う午睡の時間は、安堵のリズムを生んでいる。
 土間のある玄関は、保育者とこどもたちの導線を考え設置した工夫のうちの一つである。
 当園が位置するのは、冬が長い北陸。そのため、積雪時にも遊べるよう遊び場を設計。また、北向きでも明るい保育室は、太陽光が効果的に入り込む位置に窓を設置。
 木の温かみを常に感じることができ、こどもたちに寄り添う園舎。


受賞作品名  特別養護老人ホーム 別邸 暁022-TOK20180608_mini
場   所  埼玉県

 木造平屋建ての特別養護施設。住み慣れた我が家を離れ、新しい場所で生活を始める入居者のため、快適な生活と共に、誰もが親しみを感じる木の温かさを空間に活かし、安らげる家とするべく設計した。また、地域の方との結びつきをもたらす交流ホールも兼ね備え、木を感じる空間で人と人の繋がりを持たせている。
 自宅に近い環境の介護施設を目指し、小人数ごとのユニットのグループに分けられおり、施設内にある5つの庭のうち、いずれかを共有リビングと利用者の部屋から眺めることができ、四季の移り変わりを常に感じることができる。

 

◆株式会社時設計(ときせっけい)について
 保育園・幼稚園・認定こども園の園舎に特化した設計事務所。
 竣工までの数年にわたる業務をトータルプロデュースする、「園舎設計」のプロフェッショナルグループ。
 創業34年、全国に500件を超える実績を持つ。
 東京に本社、関西、九州、沖縄に営業所をもち、先生、こどもたち、保護者… 子育てに係わる全ての人に、「笑顔」の「時」を設計することを目指している。

 今年5月には初の本、「こどもも大人もうれしい園舎」を出版。

 


お問い合わせ先:株式会社時設計
電話:03-3661-3673(070-1001-6773) FAX:03-3661-8376
〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-12-11アヅマビル 
営業企画部 施設コンサルタント課  担当:佐々木
s-sasaki@tokisekkei.co.jp
◆ホームページ http://tokisekkei.co.jp

 

[ウッドデザイン賞2018受賞のおしらせ]
PAGE TOP

上の台保育園

2018年10月4日

PAGE TOP

PAGE TOP