Information

社会福祉連携推進法人について

2021.07.14
  • SYSTEM

社会福祉連携推進法人の運営の在り方等に関する検討会 とりまとめが公表されました。(令和3年5月14日付 厚労省出典)

 


 

令和2年6月に法律が交付なので、令和4年6までには施行される予定です。
厚労省公表の資料を基に簡単な表にまとめてみました。

社会福祉連携推進法人は、一般社団法人を設立することになります。
各施設の経営を取りまとめる、ホールディングス のような組織です。

 


 

社会福祉法人の連携で目指すものは?
 

最大の目的は 「経営基盤の強化」 ではないかと思われます

社会福祉法人の合併、事業譲渡は平成28年の社会福祉法の改正の中に、吸収合併や2以上の法人合併に関する規定が追記されています。
しかし、合併は諸手続きが大変なことから実績は少なく年間10~20件程度と報告されています。

同時に社会福祉制度改革の中では、次のような事項が明記されています。
①経営組織の見直し
②事業運営の透明性の強化
③財務規律の強化
④地域における公益的な取組みの実施責務
⑤行政の関与

 

厚労省から、令和3年1月に制度改革の進捗状況について公表されている。

 

 

現在、社会福祉法人は全国で、20,838あり施設運営をしている一般法人は18,304ある。(平成29年度 厚労省資料)

 


 

以上、最新情報を都度UPしてまいります。

社会福祉連携推進法人の詳しい資料は → こちら  (厚労省 出典 令和3年5月14日資料)

 

PageTop