立野川内保育園

outline

元気で仲良く、考える子、頑張る子を育てます。

正しい姿勢でお話を聞くことで集中力を養う「立腰」と、漢字と接することで言葉の楽しさを身につけることで、小学校へ上がっても読書を楽しめる子どもになります。

ホームページアドレス
ホームページ http://www.tatenokawachi-hoikuen.com

施 設 名立野川内保育園
延床面積736.05㎡
所 在 地佐賀県武雄市
構  造木造
定  員90名
竣  工2013年3月10日
立野川内保育園

出会いとタイミングの全てが「ご縁」だったと思っています
最初は施設整備セミナーでのご相談です。その後に、私の担当した保育園さんをご案内した際に「ご縁」をいただきました。
なによりの「ご縁」は、私がお送りしたFAX一枚と、園長先生の電話一本が、事業申し込み締め切り当日に間に合い、とんとん拍子に24年度事業で進んだことです。
今でもあの出会いとタイミングの全てが「ご縁」だったと思っています。
日常的に利用できる多目的な部屋をご要望でした
施設全体が老朽化しており、余裕のあるスペースがなかったため、保育室を工面して発表会等をされていました。
日常的に利用できる多目的な部屋をご要望でした。
豊かな環境を生かし、可愛らしさを取り入れました
自然の中の山間に建つ保育園は、隣を公民館と分校に囲まれ、地域の中の保育園というとても恵まれた環境でした。
その環境に溶け込ませつつ、園児のための可愛らしさを取り入れました。

仮園舎は隣の公民館を改装して利用させていただくなど、
立地の良さと共に、地区に見守られた豊かな環境に感謝して、設計を進めていきました。
立野川内保育園
立野川内保育園
空間の明るさと成長に沿った環境づくりを意識しました

念願であった遊戯室とランチルームを取り込みました。
配置は、以上児のお部屋と隣接した部分を遊戯室に、0歳1歳児のお部屋はそこから離して静かな環境を確保しました。
理想的な形にまとめることができたと思います。

また、見せる厨房を意識して、図書コーナーの寝転がれるステージから、厨房を覗ける窓をつくりました。

理事長先生の一番のご要望であった「長期に雨漏りをしないシンプルな屋根」を心がけながらも、光を出来る限り取り入れられる形にするために、試行錯誤しました。


Staff スタッフのメッセージ

初めてお会いした時から先生方の温かい雰囲気に取りこまれました。
保育園の方はもちろん、区の関係者、施工会社にも恵まれ、
県外から通う私をあたたかく迎え入れていただいたことに、とても感謝しております。

また、個人的なことになりますが、完成のお祝いに園児の皆さんからサプライズでお歌のプレゼントを頂きました。
私は一生懸命に歌う姿に涙が止まらず、とても素敵な思い出になりました。
佐賀県初の物件でしたが、遠く離れた武雄市の山間に一つのご縁が結ばれたことを、とても幸せに思っています。

担当者 中平 文
PAGE TOP