やまだ保育園

outline

長崎県にある保育園です。図書コーナーではおじいちゃんが本を読み聞かせしたり、ビオトープでは自然と触れ合えるようになっています。

施 設 名やまだ保育園
延床面積685.61㎡
所 在 地長崎県東彼杵郡東彼杵町
蔵本郷1510番地
構  造木造
定  員80名
竣  工2011年3月
やまだ保育園

園舎設計にかける熱意と実績で選んでいただきました
地元設計事務所との3社プロポーザルでした。

地元設計事務所と比較し、設計料が高いとご指摘を受けましたが、それでも園舎設計にかける熱意と実績を買われ、選んでいただきとても嬉しかったです。
その後市役所へ法人と初めて相談に行った際、いきなり市長室に通され、各課全課長が集結し、市をあげての一大プロジェクトとして動き出しました。

市のやまだ保育園さんへ対する協力体制を見るに付け、やまだ保育園さんが今までどれくらい市へ貢献しているかが分かる印象的な場面でした。
広い土地をどの程度使用するか・・・
市の所有する広大な土地のうち、どの程度お借りし使用するか…頭を悩ませました。
南側の太陽をいっぱい浴びる園舎
「南側の太陽をいっぱい浴びる園舎」

「どろんこになりながら子どもがのびのび過ごせる空間」

充分な広さがあり、且つ規制の少ない敷地はむしろ自由すぎて、建物の配置・形状を何パターンも検討しました。 数ある提案の中から、現場の先生方の意見を取り入れ動線がよく保育のしやすい計画を選定されました。

また、ビオトープで子どもたちに自然と触れさせたいという強い希望があり、工事関係者のありがたいお力添えもいただきながらやまだ保育園らしい素敵なビオトープが完成しました。
やまだ保育園
やまだ保育園
建物の形で出来た空間に図書コーナーを提案
建物の形で出来た空間に図書コーナーを提案した次の打ち合わせで
「この図書コーナーで、おじいちゃんから子どもたちに読み聞かせをするのが楽しみなの」と言ってくださったことが印象に残っています。

提案がすぐに先生の夢になっていて、とてもうれしく感じたからです。 また、内部デザインや・遊びごころがある部分については園からいろいろな提案をいただき一つ一つ予算と闘いながら実現できました。

建物は時設計の設計ですが、様々なところに「やまだ保育園監修」箇所が点在している園舎となり、設計としてとても楽しく大変勉強になりました。
Client お客様からのメッセージ
子供たちも職員も住み心地よく毎日楽しく過ごしています。
お客様の声
Staff スタッフのメッセージ
打ち合わせにいくといつも笑顔で迎えていただき、打ち合わせ担当の先生だけでなく園全体の先生にも名前を覚えられ、温かくしていただいたことが印象に残っています。

設計でどこが印象に残っているかと聞かれても、「打ち合わせを積み重ねていったひとつひとつ」としか答えられない程です。 園だけでなく市のお力添えも強く、工事関係者にも恵まれ、理事長先生と2人3脚で頑張っているつもりが途中で10人、いや20人以上の脚に支えられていることに気が付きました。
竣工式では先生と約束通り一緒になって泣き、関係者の皆さんと喜びを分かち合うことができました。

また、新しい厨房でつくった給食をいただいた時は一人でジーンとしました。 やまだ保育園は竣工後も先生方の手によってより良い園舎に進化していくような気がしています。 いつまでも、今のような素敵な園で元気な子ども達を巣立たせてください。 遠く熊本より応援しています!
担当者 吉村 文
PAGE TOP