真生保育園

outline

長崎県にある保育園です。シンプルさをテーマに、床面積を広く設計したゆったりとした園舎です。

施 設 名真生保育園
延床面積832.01㎡
所 在 地長崎県諫早市城見町28-13
構  造鉄骨造
定  員90名
竣  工2009年12月
真生保育園

2年を掛けて進めた基本設計
僕は実施設計担当なので、企画担当がある程度、基本設計を進め、そのあと引き継ぎを受けるのですが、僕が引き継いだときには、時設計として園へ通い始めて2年が経っていた頃でした。2年を掛けて進めた基本設計は、少しずつ園舎が大きくなっていました。
僕が引き継いでからも、主に園長先生と設計打合せを進めさせて頂いたのですが、詳細な設計を行う実施設計にも関わらず、園長先生のご要望を色々と盛り込んでしまい(半ば根負け)、床面積をついつい増やしてしまうこともしばしば…。
工事費が予算内に納まるかどうか…。
不安に思いながら、しかし確実に良い園舎になっていることは感じながら、設計を行っていったことがとても印象的です。
なによりもゆったりとした園舎に
園舎の老朽化のため建替えをしないといけない、既存敷地での建替えを!

そしてなによりもゆったりとした園舎にしたい。
建物のデザインコンセプトは、白い箱で良いんです
「ゆったりとした園舎」

「設備よりも床面積重視」
「予算内」

建物のデザインコンセプトは、白い箱で良いんですとおっしゃっていました。

真生保育園
真生保育園
園長先生の強い思いで、全て良い方向に
設計に色々と盛り込んでしまったため、床面積が増え工事費が上がり、案の定、第一回目の入札では不調となってしまいました。
予算内に工事費を納めるため、園長先生と必死に検討している最中、幸運にも近くの貸し倉庫に空きができ、その倉庫をリフォームするだけで仮設園舎とすることが出来るようになりました。

それにより肝心の新園舎については、当初設計からほとんど変更すること無く、第二回目の入札で無事落札!
それは諦めずに検討を続け、園長先生の強い思い、引きの強さで全て良い方向に進んだ瞬間で、本当に嬉しかった瞬間でもありました。
Client お客様からのメッセージ
感謝状
Staff スタッフのメッセージ
園長先生の「シンプルなものでいい」「でも床面積は広く欲しい」といった一貫したテーマを基に設計から監理まで進めさせて頂きました。
完成後、園長先生から、『おかげで、ゆったりと過ごせているよ』というお言葉を頂いたとき、園長先生の子どもたちに対するぶれない思いと園長先生との熱い設計打合せを思い出し、心から嬉しく思いました。そしてちょくちょく飲みに誘って頂いています。ありがとうございます!
担当者 吉野 達也
PAGE TOP