あずま保育園

outline

沖縄にある保育園です。カラフルな建物の中で、子どもたちも日々楽しく過ごしています。




ホームページホームページアドレスhttp://azumahoikuen.com/index.html

施 設 名あずま保育園
延床面積893.12㎡
所 在 地沖縄県浦添市
構  造鉄筋コンクリート造
定  員90名
竣  工2011年3月
あずま保育園1

足掛け7年、振り返ってみると大変でした
企画時から担当者が2度変わる中、足掛け7年にも及ぶ設計のお付き合いの末に、建物の完成へとようやく辿り着きました。
私が設計を引き継いだ際、理事長先生とお話していく中で、理事長先生と私の親の出身地が同じ北部の離島ということが分かり、親近感を感じた経緯がありました。
創設の場合、建物の設計だけでも忙しいと思いますが、法人設立に関する書類等も併行して行わなければならないなど、本当に大変でした。
ド理事長先生の奮闘が実り選考に選ばれました
長年に渡り浦添市の選考に漏れ、その都度「敷地選定が悪かったのか」と敷地変更を検討し、とうとう今回選定した敷地で選考に選ばれることとなりました。
大型スーパーの駐車場向かいの好立地での計画で、土地区画整理の擁壁整備工事との日程調整が、園舎工事の着工にぎりぎり間に合う形で行われ、理事長先生の奮闘が実った結果でした。
自由に空間が作れる間仕切りや建具
2階の保育室4部屋の間仕切りを取り外し可能にして、可能な限り大きなホールとしても使えるようにしてほしい。
また、各保育室を仕切る建具も、どの場所からでも出入可能にしたい。保育室の使い方を固定したくない。という園側の要望から、廊下と保育室、保育室間の仕切りを可動建具にて区切るだけとし、設計の手を加える範囲を抑制した計画としました。
自由度のあるプランが、園側の保育理念・使い方・工夫で上手く機能していくことで、よりよい保育への可能性に期待したいと思います。(想定外の使われ方を期待しています)
あずま保育園
あずま保育園
色彩への配慮と工夫
土地区画整理地内ということで、市の地区計画により外壁面の色彩計画への規制が厳しく、当初園さんが要望していた色彩は外部へ使用することができず、保育園らしさをどのように表現するかという課題に直面しました。しかし、外壁の内側部分であればカラフルな色彩も使用可能ということで、各保育室のテーマカラーに合わせ、手洗い及び外壁内側色を統一することで、部屋の広がりと保育園らしさを表現できたのではないかと思います。
     
Staff スタッフのメッセージ
長期に渡る設計から建物完成に至り、落成式の最後に かちゃぁしぃ を楽しく踊る理事長先生を見て本当にひと段落したんだなぁという実感をもちました。
建物の完成が、理事長先生の保育理念・目標を実現できる場として最低限の準備をお手伝いできたと考えております。これからの園さんの益々のご発展を祈っております。
担当者 西田 勝紀
PAGE TOP