港川保育園

outline

沖縄にある喫茶店のような保育園です。沖縄の材料を園舎に取り入れたり、通風・採光に配慮しました。

施 設 名港川保育園
延床面積765.52㎡
所 在 地沖縄県島尻郡八重瀬町
構  造RC造
定  員70名
竣  工2011年3月
港川保育園1

海の見える喫茶店(海辺の茶屋)やゴルフ場(サザンリンクス)で、この琉球瓦を使用した喫茶店のような建物を造って欲しいと熱く語っていました。

現地調査の際、「ハブが出るから草むらに入っちゃダメよ」と言われ初めてのことでとても驚きました。
今となっては懐かしい…。

沖縄営業所開設以前からお付き合いをさせていただいており、建替えの際はぜひ協力できればというお話しで進んでいました。

実際に、園さんから「そろそろ建替えを計画をしたい」と相談を受けてからは、工事に向けて町との協議、内示、設計へと急ピッチで事が進みました。 あっという間の出来事でした。
建替えに合わせて里道及び周辺敷地の買取りを検討
建設当初の図面と現地調査の結果、計画敷地の中心を町の里道が通っていることが解かりました。

今回の建替えに合わせて里道及び周辺敷地の買取りを検討し、敷地(園庭)を広げる計画とするため、園さんと町との協議に時間がかかりました。
沖縄の材料をぜひ園舎へ取り入れたいと園からの要望
既存園舎が平屋建であり、2階建の際の保育環境に不安を感じられており、2階建てでも平屋建てに近い形での保育をとれるように、玄関ポーチ・ホールを吹抜けとし、2階との一体感を得られるような計画としました。

また、沖縄の材料をぜひ園舎へ取り入れたいと園からの要望があり、既存園舎壁面にあった園児の作った赤瓦のシーサーレリーフの移設や、1階の柱や壁の園児の目や手の届く高さに赤瓦を埋め込む計画としています。
港川保育園
港川保育園
1階・2階ともホールとして利用可能な計画
1階・2階ともホールとして利用可能な計画とし、ランチルームと保育室の間仕切をあけると1階ホールとして、2階ホールは天井が高く勾配屋根とし、各階とも南側園庭からの通風・採光に配慮した計画とした。

また、1階は明るい木目を基調とした計画とし、2階は雰囲気を変え落ち着いた計画としました。
Client お客様からのメッセージ
短期間で様々な業務が同時進行で大変な中、冷静に対処していただき感謝です。
お客様の声
Staff スタッフのメッセージ
園長先生はじめ保育士の方々にとって、忙しい中での慣れない図面打合せ等大変だったと思います。

図面の見方や実際の寸法把握をしながら詳細を決定して行く作業において、こちらの説明不足や理解不足のため遅くまで打合せに協力していただいた事に大変感謝しています。
仮設、解体、本園舎と複数回に渡る入札作業を経て、建設会社との短い工期での打合せの中で、完成でき非常にうれしいです。
担当者 西田 勝紀
PAGE TOP