誠和保育園

outline

東京都にある保育園です。子ども達の笑顔が溢れる、安全で安心で快適な園舎です。

ホームページアドレス
ホームページhttp://seiwa-kids.jp/

施 設 名誠和保育園
延床面積1,175.22㎡
所 在 地東京都あきる野市山田
構  造鉄骨造
定  員150名
竣  工2011年12月28日
9-09-1

幾たびとお伺いし、建て替えのお話が具体化
東京都奥多摩町の古里保育園様の設計監理を当社が担当させていただきました。
古里保育園様は西多摩地区保育連合会のメンバーで、連合会が開催する研修会に当社も出席させて頂きました。
その時お話した内容が保育園の建て替えに関する情報でした。
その後、幾たびと無くお伺いをさせていただき、建て替えのお話が具体化してまいりました。
建て替えには仮園舎が必要で、その土地が近所に見つかったことが事業のスタートでした。
敷地の申請を分けており計画に影響が
現状園庭の広さは確保したい。
各保育室を間仕切り、開放した際はホールに出来るようにしたい。
敷地全体はお寺の土地で建築基準法上、敷地を分けて申請をしています。
分けた以上は別敷地とあるため日影規制や斜線規制がかかり、建物の計画に大きな影響がでてきました。
園長先生は現場のご意見を良く聞かれ、こどもの環境や保育士さんが働きやすい園舎づくりを目指され細かい点まで配慮されていました。
3つの園舎づくりを心掛けました
もっと素敵な 誠和保育園 になるためのコンセプトとして

・こども達の笑顔があふれる園舎づくり
・保護者に選ばれる園舎づくり
・こども達、先生達も「安全」で「安心」できる「快適」な園舎づくり
以上の3つの園舎づくりを心掛けました。
誠和保育園
誠和保育園
トイレとランチルームにこだわりました
弊社の事例より、動物の形、パステル調のトイレブースのご要望があり、先生達のイメージに添えるように設計しました。
ランチルームは、イメージパースを交えながら仕上げの色調まで設計を固めていった次第です。
外部からもランチルームの様子が伺えるようにと、サッシは丸窓にして楽しいイメージにもしました。
楽しく食事ができるよう、汚いトイレのイメージを振り払い、キレイなトイレの設計を子ども達の為にと先生達の思いが詰まった園舎となりました。
     
Staff スタッフのメッセージ
2ヶ年事業として始まった設計ですが、設計期間がそう長くとれない中、 園長先生はじめ、主任先生、各年齢担当の先生達がお時間を割いて打合せに参加頂きました。
図面上では大きさはわかりづらいものなので、メジャーや既存のロッカーなど参考に大きさの確認をして頂きながら打合せを行うのですが、回数を重ねていくうちに、先生達自身がご要望の家具の大きさを寸法入りで絵を書いてくださる事が多く、かえって設計している私の方が助かりました。 

工事期間中には仮園舎が雨漏りするとか、ブラインドが落ちてきた、切ってはいけない桜の枝を切ろうとしたなど・・・ずっとワイワイガヤガヤ。
各部屋のクロスや手洗いのモザイクタイル張りの模様は園長先生がリードして各保育の先生方が選定しましたが、その柄がとてもかわいらしく、さすが保育の先生!といった感じに楽しく携われました。
園長先生、建設会社共に一緒に仕事が出来たことを、うれしく思います。
担当者 平原 真美
PAGE TOP