熊本学園大付属
敬愛幼稚園

outline

熊本県にある幼稚園です。大学付属の幼稚園であり、敷地が中学校・高校・大学に囲まれ「見守られているような」立地から、「学園と一体となった付属幼稚園」をテーマに造られました。



ホームページホームページアドレスhttp://www.kumagaku.ac.jp/daigaku/shisetsu/keiai

施 設 名熊本学園大付属
敬愛幼稚園
延床面積1318.02㎡
所 在 地熊本県熊本市
構  造壁式鉄筋コンクリート
定  員140名
竣  工2012年3月
熊本学園大付属敬愛幼稚園1

設計コンペで指名先に加えていただきました
先生のお一人が時設計の設計した園をたまたまご存知で、HPなどをご覧頂きコンペの指名先に加えて頂いたと後にお聞きしました。
長い時間の中で多くの人が係り、議論を重ねた末に出来上がったと思われるそのコンペ要項を読んで、このプロジェクトに参加したいと強く思いました。コンペ当選後、園長先生はじめ先生方にお会いして、こんな素敵な方々とこれから園を設計するんだという喜びを感じました。
以前の園舎のように使いやすい保育園を
既存の園舎は子どもの支店や保育者の動線がよく考えられていて使いやすいと評判で、先生方も大変愛着を持ち気に入って使用されていました。卒園児や保護者の方もできればこのままの園舎を建ててほしいというお話が出ていたそうで、既存園舎を移築をしたいという程後ろ髪引かれる思いだったそうです。
しかし、老朽化による設備の劣化、耐震への不安などがあり、園児の安全を第一に移転新築を決意されたそうです。
学園と一体となった付属幼稚園を
1.安心で快適な
2.安全第一の
3.保育者保護者も暮らしやすい
4.エコスクールの園舎にしたい
という建築コンセプトをいただきました。

また、大学付属の幼稚園であり、敷地が中学校・高校・大学に囲まれ「見守られているような」立地であったことから、学園と一体となった付属幼稚園とすることも大切なテーマでした。また「園庭は園舎と共に保育の両輪である」との考え方から、園庭のあり方についても多くの議論を重ねました。
熊本学園大付属敬愛幼稚園
熊本学園大付属敬愛幼稚園
数えきれないくらいの「こだわり」
園舎と園庭を結ぶ中間領域であるテラス空間を豊かにすること。
子どもの隠れ家的スモールスペースから100人以上の催事に対応した大空間まで多様で個性的な空間バリエーションで園舎を満たすこと。園のシンボルとなるような図書館をつくること。
わくわくドキドキするような発見に満ちた園庭をつくること。
・・・こだわりは数え切れません。
中でも敬愛のこども達がワークショップで施設づくりに参加した「びわプロジェクト」は忘れられない思い出です。
Client お客様からのメッセージ
東京と熊本を苦にもなさらず通い続けて下さった松坂さん・地元の吉村さん、お二人の出逢いが新しいスタートに一層花を添えてくれました。
お客様の声
Staff スタッフのメッセージ
設計初期段階に職員の先生方から各室のコンセプト・改善点・要望・具体例をまとめたレポートをいただきました。
レポートの分厚さに驚くと共に、レポートからあふれ出る先生方の保育に懸ける熱い想いにとても驚き、設計者一同身が引き締まる思いでした。設計の際も打ち合わせは長時間に及び、細部に渡り様々なこだわりを教えていただきました。特に保育室は長年の保育で確立されている保育理念に基づいて造り込んだ保育室となりました。
どのお話からも、園児がいかに安全に快適に元気に楽しくすごせるかということを一番に考えられていることが伝わってきて、なんだかとても幸せな気持ちで設計をさせていただきました。
先生方、いつも温かく迎えていただき大変ありがとうございました。これからも伝統ある保育を継承し素敵な幼稚園であり続けてください。
担当者 松坂 俊一・吉村 文
PAGE TOP