アトピアクリニック

outline

熊本県にあるクリニックです。外装はスタイリッシュで、内装は子どもにとって楽しい空間になりました。 子どもたちも待ち時間に楽しく過ごせて、楽しく来ることができるクリニックになりました

施 設 名アトピアクリニック
延床面積861.42㎡
所 在 地熊本県菊池郡菊陽町
構  造木造平屋建て
定  員
竣  工2010年1月
P1222362

夢のある楽しい施設を希望されていました
子供の為のクリニックと保育園を総合的な施設として建築したいとのお話でお伺いしたところ、 遊園地のような夢のある楽しい施設をお考えで、それはびっくりしました。
楽しいアイデアをどう現実にするか
汽車に乗って診察室へ!ピュッと出る噴水!(こどもが飲んだら大変だ)じゃあ霧だ!
やっぱり宇宙基地だ!!こども達の喜ぶ仕掛けを真剣な眼差しで考える院長先生。
一方こどもの脱走をどう阻止する?遊んでいるこどもを診察時に呼んで聞こえる?と事務局。
夢をどこまで現実にできるか、設計者の提案を楽しみにしている様子でした。
当初は夢が膨らみ、いくらかかるか見当がつきませんでした。
何案も計画しイメージをまとめました
子供が恐がらず、楽しく過ごせるクリニックを何案も計画しました。ハワイのリゾートのような建物、ピクニックに行ったような緑豊かでリズミカルな建物、こどものスケールに合せた小さな建物など、イメージを膨らませ計画案を作成しました。
決まった案は、平面計画は楕円形で診察室を円形に配置する楽しいプランなりました。
外観はシャープなデザインで、当初考えていた遊園地のイメージとはだいぶ異なったデザインにまとまりました。
アトピアクリニック
アトピアクリニック
斬新で楽しいデザインになりました
外装を決める際、当初から提出していたパースのイメージで外壁のサンプルを集め、院長先生に見ていただいた、院長先生の「黒と白とポイントで赤」の一言で斬新なデザインのクリニックになりました。
こども用の遊び部屋やキッチンコーナー、専用デッキを設けました。内装は専門のディスプレイ会社に担当していただき、楽しい空間が造られました。
Staff スタッフのメッセージ
楕円形の平面、曲面屋根ということで現場が混乱することもありましたが、院長先生の夢が沢山つまったクリニックになったと思います。
ここで、全国から来るこども達が楽しみながら治療ができて、早く治って元気になる姿が想像できます。将来は総合こどもクリニックへと進化して保育園の併設の計画もあります。まだまだ夢が続きます。
担当者 菊地 功
PAGE TOP