夏見台幼稚園
夏見台保育園

outline

千葉県船橋市にある、幼稚園・保育園です。小児科クリニック併設しており、食育を最重視するなど子供たちの健康にとても気を配られています。ドイツの体育理論「コーディネーション運動」も導入しています。

ホームページアドレス
ホームページhttp://www.treponte.jp

施 設 名夏見台幼稚園
夏見台保育園
延床面積2,539.85㎡
606.00㎡
所 在 地千葉県船橋市夏見台
2-16-1
構  造鉄骨造
定  員幼稚園200名
保育園60名
竣  工2007年1月16日
2-1

理事長からお電話をいただき、総合施設を創立しました
理事長から会社に電話が入り、出かけていた私(所長)が外出先からご連絡をしました。
理事長から「保育園の創設等、相談したいことがあるので時間がある時に来て欲しい」とのお話しがあり、外出先からそのまま直行し、ご相談に応じました。
その場で、幼保に関する専門的な知識を有していると判断していただき、業務を頂ける運びとなりました。既に学校法人を有しており、情報ビジネス専門学校と幼稚園を経営されていました。

当時、幼稚園と保育園を一体とする総合施設が政府により検討されていた事もあり、新たに幼稚園・保育園をつくり総合施設を創設する事となりました。
働く女性と子供のための総合施設を
「採算はある程度度外視でも、働く女性のための幼児施設を作りたい」
「幼稚園後の学習塾ではなく、長時間学習する幼稚園を作りたい」
「福祉としての保育園を作りたい(24時間保育等も検討)」
(→特別保育としての認可は受けられない)
「子どもが病気になった際のこどもクリニックを作りたい」
「駐車場(70台)を作ってパークアンドライドシステムを構築したい」
「屋上緑化(雑草にしたい)を作りたい」

開園後は、京成バスと交渉しバス停の新設をしました。

親子でクッキング教室ができる特注クッキングルームも
親子でクッキング教室ができる特注キッチンを備えたクッキングルームを作りました。
生活エリアと準備エリア(着替え等)を分離した保育室とし、保育園部分では専用の受入スペースを設けました。
また、子どもが自分で育てた野菜を給食で食べられるよう敷地内に畑を作りました。
夏見台幼稚園・夏見台保育園
夏見台幼稚園・夏見台保育園
理事長が目指すいろいろな動きが出来る環境作りを
玄関を入った奥に、ホールとステージをレイアウトしました。
そこは2層吹抜になっており2階からもステージを見る事が出来るようになっています。
従来の体育館は冬の寒さがこたえるが、OMソーラーシステム(太陽熱を利用した空気循環式床暖房)を採用する事により、冬でも足が冷えない心地よい環境の体育館を目指しました。
屋外にはいろいろな生物と触れ合うきっかけとなるよう、井戸水を循環させたじゃぶじゃぶ池を作りました。
園庭遊具にはアスレチック遊具、体育館には吊縄等を整備し、理事長が目指すいろいろな動きが出来る環境を目指しました。
Client お客様からのメッセージ
 
感謝状をいただきました
Staff スタッフのメッセージ
アイデアマンの理事長からは次から次へと案が出てきました。
それを具現化し、形にする事がとても楽しかったです。時には仕事以外の話をする事もありましたが、必ずご自分の意見があり、芯がブレないことをよく覚えています。
園長先生とは保育現場の設計についてだいぶお話をしましたが、先生もまたご自分が理想とする保育理念を持っていたので、要求される事は一貫していたと思います。

この物件では建築の設計監理だけでなく、入園説明会や入園面接の補助といったソフト的な面でも、新たな幼稚園・保育園の創設に関わる事ができました。
大きな経験をさせてもらい、客観的に見て自分を大きく成長させてくれた物件のひとつとして、とても印象深い物件です。

担当者 山岡 将
PAGE TOP