中文English
東京本社ブログ

東京本社ブログGWに考える未来

2012年5月1日

未来のためのお話をするには、常に先を見越して未来から逆算することが必要です。

年度末から逆算するわたしたちの仕事はGWが忙しくなります。

 

最近、TVやラジオによく話題に上る、東京スカイツリーを建設した大林組の宇宙エレベーター構想。

皆さんも一度は聞いたことがあると思います。軌道エレベータとも呼ぶようです。

高度 96,000 km に達する宇宙エレベーターを 2050 年までに供用開始とのことで、これも最初は「え?何を言っているのかよく分からない」といった感じでしたが、技術を純粋に積み上げていくと、可能になる事なのですね。

大きな話ですが、これも未来からの逆算でしょうね。

 

「常にこう在りたい」とか「○○年後にはこうしていたい」という思いは非常に大切です。

計画は絵に書かなければ、餅にもなりません。

そしてリアルな構想は、たいていの場合、見事に成就します。

 

景気が悪いとか政治が悪いとか。本当に今が悪くて昔が良かっただけでしょうか。

一歩を踏み出せないことは、周りのせいだけじゃないですよね。

 

このBlogを読んで下さっている、あなたは何をしていたいですか?

 

長い休みを期にあらためて考えてみても良いかもしれません。

では、良いGWを!

PAGE TOP

東京本社ブログ新年のご挨拶

2012年1月5日

謹んで年始のご挨拶を申し上げます。

新春を迎え皆様のご多幸をお祈り申し上げます

 

2012年となり平成も24年目となりました。

おかげさまで時設計は今期28期目を迎えます。

 

 

【社会動向】

 税と社会保障の一体改革による子ども・子育て・医療・介護・年金の3分野の制度改革に伴い、今年は新システムの施行に向けた動きが加速し、本格施行を前にし幼保業界において大きな転換期となります。

施設整備においては基金の延長が決定し新たな整備施設が増加する見込みです。

 

【社内動向】

 沖縄営業所の移転と社内環境向上へ向けた整備投資が決まっており、更なる発展が期待できる年になると思います。
初心に返り、社員一丸となって、物事に対し真摯に対応してまいります。

 

 

 

2012年が皆様と皆様のご家族にとって、希望に満ちた、良い年となりますよう祈念して年頭の挨拶といたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

PAGE TOP

東京本社ブログクリスマスはここで

2011年12月20日

先週、六本木ヒルズに行ってきました。

寒さMaxの中、エントランスの66プラザには高さ約7mのクリスマスツリーがどーんと設置されています。

Whisky Hills2011 by サントリー

 

 

けやき坂はやはり人気です。

実は協賛は日本企業ではなくsumsung。
この韓国巨大企業の隆盛は目を見張るものがあります。一昔前はとても世界を席巻するような企業になるとは思えなかったのですが、創業者一族の熱意と根性の賜ですね。

むかーしDELLのPCを購入した際にモニタがsumsungで、「何でsumsung?」と思ったものです。

しかし、購入間もない頃にモニタに不具合が出て、コールセンターにTELした際、とても親切に対応していただきました。その印象が非常に強く、何だか良い会社だなぁと感じたことをよく覚えています。何だか嫌いにはなれない。

様々なジャンルに挑戦してきたsumsung。今や携帯電話市場では日本企業では太刀打ちできない程のシェアを誇る企業です(もちろんこのサムスン電子自体も、巨大コングロマリットのサムスンの一角にすぎない)。

前置きが非常~に長くなったのですが、そんなsumsungが提供するけやき坂です。

(なのに写真なし)

 

 

さて、今年は特にイルミネーションの盛り上がりが顕著。

ヒルズでは毛利庭園の滝が大盛況。

 

東京シティビューは行ってませんが、現在はアイス(愛す)スケートリンクがGift for tomorrowのキャンペーンで設置されています。

 

天空のクリスマス
あなたは誰と行きますか?


宣伝みたいになってしまいましたが、おすすめです。

 

PAGE TOP

 

コンペにて選んでいただいた法人様と今日は役所でのお打合せでした。

既存幼稚園の敷地に保育園を併設し認定こども園とします。

 

 

 

今回のプランは「小さなはじまり」を建物のコンセプトとし、森の中のキノコをイメージして構想しています。

この通り出来上がったとしたら、とても面白い創りとなります。今から非常にワクワクします。

 

※著作権の問題で全景は自主規制

 

 

都内での認定こども園はまだまだ件数が少ないのが現状です。

今後の新システムの動向も気にかかりる所ですが、役所も慎重なスタンスを取りつつも前向きに検討してくださっており、良いものができるだろうと思います。

 

 

楽しみです。

 

 

PAGE TOP

2010年8月

営業所カーを導入するにあたり、以前、色々悩んでいました(リンク参照 http://ameblo.jp/tokisekkei/entry-10610076420.html)。

現在まで各営業所で活躍してくれていたのはPassoくんとMarchさんです。

 

 

 【March】

 

 

 

 

 

 

 

Passo

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日Twitterでもご紹介しましたが、今回新たに仲間が加わりました。

 

Swift

  

日本市場だけではなく、優れたコンパクトカーが多いヨーロッパ市場でも十分に通用する操縦安定性と快適性

インテリアの質感

副変速機構付きCVTの実用燃費性能や走行性能が高いこと

などが評価され、2011年次RJCカーオブザイヤーを受賞した車です。

 

九州は走行距離が長いため排気量が心配…なんていう心配は無用。 

この優れた走行性能は、これからの繁忙期に活躍が期待されます。 

エクステリアは顔周りだけでなく、リアもなかなかに締まったステキなデザインです。 

 

師走は車も多いので、特に安全運転で頑張ります。

工事も運転も安全第一!

 

PAGE TOP