中文English
ブログ

日曜美術館

2012年5月14日

熊本の敬愛幼稚園に絵をお贈り頂いた画家で熊本学園大学教授の伊東浩一先生から

展覧会のチケットを頂きました。

気持ちのよい5月の日曜日、

六本木国立新美術館に国展を見に行きました。

建築家故黒川紀章の創り出したこの美術館のロビー空間は、

常識的なスケール感を凌駕して圧倒的。

黒川さんの記号とも言える巨大な円錐を見てたら「先端は地下何mまで達しているんだ?」

なんて思ってしまいました。

国展は絵画から彫刻、工芸まであり、時間を忘れてさまよいました。

アバンギャルドを含んだ作品の多様性は心の栄養になりました。

 

PAGE TOP

こんにちは。

 

4月5月は、3月に竣工した物件の竣工式が続いています。

竣工式は各園さんで趣向がいろいろとあり、楽しみでもあります。

 

先日ご招待いただいた大分の保育園さんその中でもちょっと変わった竣工式でした。

 

 

まず、お出迎えは抹茶でのおもてなしでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて厳粛な神事があり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとテープカットが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までテープカットってあまり経験したことなかったのですが

よく考えると開業・竣工のお祝いにはテープカットっていいですね。

園児の思い出にも残るような気がします。

 

それで次はなんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

餅まきです!

園児が一生懸命集めてて楽しそうですね。

小さなお餅になっていて私もおこぼれをいただきましたが、生餅でとてもおいしかったです。

 

なかなか上棟式で餅まきをすることができないので、竣工式でするというアイデアもいいなと思いました。

 

 

こちらの園さんの内部はこんな感じです。

クジラがとび跳ねたり、キリンが顔を出していたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わくわく内部の詳しい様子は実績報告でアップ予定です。

お楽しみに♪

 

 

 

 

PAGE TOP

GWに考える未来

2012年5月1日

未来のためのお話をするには、常に先を見越して未来から逆算することが必要です。

年度末から逆算するわたしたちの仕事はGWが忙しくなります。

 

最近、TVやラジオによく話題に上る、東京スカイツリーを建設した大林組の宇宙エレベーター構想。

皆さんも一度は聞いたことがあると思います。軌道エレベータとも呼ぶようです。

高度 96,000 km に達する宇宙エレベーターを 2050 年までに供用開始とのことで、これも最初は「え?何を言っているのかよく分からない」といった感じでしたが、技術を純粋に積み上げていくと、可能になる事なのですね。

大きな話ですが、これも未来からの逆算でしょうね。

 

「常にこう在りたい」とか「○○年後にはこうしていたい」という思いは非常に大切です。

計画は絵に書かなければ、餅にもなりません。

そしてリアルな構想は、たいていの場合、見事に成就します。

 

景気が悪いとか政治が悪いとか。本当に今が悪くて昔が良かっただけでしょうか。

一歩を踏み出せないことは、周りのせいだけじゃないですよね。

 

このBlogを読んで下さっている、あなたは何をしていたいですか?

 

長い休みを期にあらためて考えてみても良いかもしれません。

では、良いGWを!

PAGE TOP

営業所移転

2012年2月23日

新営業所での業務が本格的にスタートしました!

 

旧営業所のあった那覇市金城から那覇市宇栄原へと割とご近所への移転です。

 

 

 

 

 

 

新営業所は高速や那覇空港へのアクセスがよく、移動にはとても便利。

 

(個人的にはお隣りにコンビニやお弁当屋さんがあるのが非常に気に入っております。)

 

 

新しい職場環境となり、これまで以上に業務に励む所存です!

 

今後ともより一層のご支援を賜りますよう宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP

起工式

2012年1月31日

去った大安吉日の日。

 

新園舎建設工事の起工式が厳粛かつ盛大に行われました。

 

 

 

 

 

 

 

この工事は8月中旬の竣工予定です。

 

施工期間中は、園の皆様はじめ工事関係者、近隣住民の方々のご協力を得ながら

 

安全第一に努め、立派な園舎が完成できるようこれまで以上に気を引き締めて

 

頑張ります!

 

 

 

PAGE TOP